一軒家の売却が売れないときには?

一軒家の売却で売れない理由を解決して売ろうとしたとき、果たして戸建て住宅売却成功のための秘訣ってあったりするのでしょうかね?

 

それについては、売却マーケティングの有無がまず挙げられたりしますね。

 

言い換えたりすれば、具体的な成約するため、その戦略と戦術についてが絶対の条件となったりします。

 

戸建て住宅をより良い条件で売るには色々とありますが、まず、自身の売る物件についての情報をまとめるということ、土地価格と建物価格について明確にしていくこと、購入者の立場に立った客観的視点で販売価格を設定するようにすること、売買成約後の安心感、そして売却マーケティングのノウハウの高い不動産販売業者に頼むこと。

 

この5箇条が必須条件と言えますね。

 

具体的なこの5つの必須条件に付きまして、説明をしましょう。

 

まず自身の売却物件の情報をまとめることにつきましては、 最寄駅、最寄のバス停から徒歩圏ですと何分位かを把握するといった交通の便を考えます。

 

目安としては80mが1分としての換算です。

 

そして周辺施設や環境についても考えます。

 

具体的には、教育施設である小学校や中学校、生活利便施設であるスーパーやコンビニ、医療施設となっている総合病院・医院等、そして、公共施設となっている公園、広場、文化施設、図書館等ですね。

 

周辺道路の安全性としましては、生活上気になる嫌悪施設で例えば異臭や騒音の出る建物、高圧線等の施設の把握も必要です。

 

物件内部につきましては、部屋は綺麗に整理整頓することがまずは大前提です。

 

地積測量で土地の境界がはっきりしているかどうかも確認はする必要がありますね。

 

そのほか境界杭や鋲の有無についてもきちんと把握しましょう。

 

公的書類では法務局に測量図についても登記がある方が良いですね。

 

また建物構造としまして、工法はどうでしょうか?

 

在来工法かプレハブ工法でしょうかね、それとも2バイ4工法でしょうかねといったの把握もあるに越したことはありません。

 

基礎についてもどうでしょうか?

 

布基礎でしょうかベタ基礎なのか、果たして床下換気などの把握もしておきましょう。

 

設備もきちんとしているのでしょうか?

 

浴室・洗面・トイレ・居室等の各設備をこの際ですから把握をすることも肝心です。

 

今までの建物補修の履歴、リフォーム履歴も把握しておきましょう。

 

増築部分の登記の有無といった内容も実は大事です。

 

未登記部分があったりしますと銀行融資のローンが通らない場合が有りますからね。

 

近隣対策はきちんとしているでしょうか?

 

税務対策は把握されているでしょうか?

 

また見栄えも実は重要だったりしますので、その点の整理もしているでしょうか?

 

そして昔も見つめましょう。

 

自分がこの戸建てを購入した理由ですね。

 

購入検討者でしたらなぜか聞きたい事項の1つだったりしております。

 

通常は案内担当者が物件の説明をすることが多いですが、この質問については売主が直接回答した方が現実的であったりします。

 

この質問がご購入検討者から聞かれるような場合でしたら、きちんとストレートに答えましょう。

 

そして自分が売る理由としても、これもさらに重要です。

 

購入検討者から聞かれる質問としては、その他なぜ売るんでしょうかという疑問が必ず有ります。

 

この時も正直に回答することが良いと思いますが、ストレートにマイナスな言葉を正直に言っても良くはありません。

 

ある程度のイメージを考えた上で回答しましょう。

 

そして、これが一番大事ですが、売買する物件は過去を物語るのです。

 

従いまして、物件の持つこの過去からの流れについてアピールするようにするといいでしょう。

 

過去の話が有る中古住宅だから、売買する物件が購入者を選ぶようになるのですね。 

 

考えるとかなりいろいろな要素がありますから、まずはきちんと売却物件について、整理して見つめる必要あると思います。